フォントが反映されない

発生する症状

exo出力後、YMM4側で指定したフォントがAviUtl側に反映されない

YMM4側の設定
AviUtlへ出力した後の状態。
YMM4側で指定したフォントが別のフォントになっている

原因

YMM4とAviUtlとでフォントの名前が異なるため

YMM4上では「Corporate Logo」だが、AviUtl上では「コポーレート・ロゴM」になっている

対策

  1. AviUtlを起動する
  2. タイムラインを右クリック → メディアオブジェクトの追加 → テキスト を選択する
  3. テキストアイテムの編集ウィンドウを開き、使用したいフォントを指定する
  4. タイムラインを右クリック → ファイル → オブジェクトファイルのエクスポート を選択する
  5. わかりやすい位置にファイルを保存する
  6. AviUtlを終了させる
  7. Windowsの検索欄に「メモ帳」と入力し、ヒットしたアプリを開く
  8. ファイル(F) → 開く(O) を選択し、「5」で保存したファイルを開く
  9. ファイルを一番下までスクロールし、「font=フォント名」となっている行を見つける
  10. フォント名をコピーする(上の画像の青色部分。今回の例だと「コーポレート・ロゴM」)
  11. YMM4を起動する
  12. ファイル(F) → 設定 を選択する
  13. フォント を選択する
  14. 問題の発生しているフォントを選択し、「AviUtl上でのフォント名」に、「9」でコピーした文字列を貼り付ける
  15. Enterキーを押して入力を確定する
  16. Exo出力する