ゆっくりMovieMaker4 α92(v3.9.9.92)を公開しました

修正

  • カスタムボイス追加時、同名テキストファイルから字幕を生成できない問題を修正
  • カスタムボイス追加次、ゆっくりボイス追加モードの設定が無視される問題を修正
  • アイテムのデフォルト設定が読み込まれない問題を修正
  • 再生速度を0に設定するとクラッシュする問題を修正
  • exo出力時にクラッシュすることがある問題を修正

スペースキーでプレビューの再生・一時停止を切り替えられない

発生する問題

全角モード時、スペースキーでプレビューの再生・一時停止が切り替えられない

原因

Windows10 2004 で実装された、新しいMicrosoft IMEが原因です。

対策

対策1 YMM4の 新 Microsoft IME 互換 オプションを有効にする

  1. 設定ウィンドウを開く(ファイル(F) → 設定(S) )
  2. 全般 → 互換性 → 新 Microsoft IME 互換モード をオンにする

このオプションを有効にした場合、全角入力時にスペースキーで再生・一時停止を切り替えられない不具合は改善しますが、以下の不具合は継続して発生します。

  • 全角モード時、セリフ入力欄にフォーカスがない状態でテキストを入力すると、最初の一文字が半角英数で入力される

対策2 古い Microsoft IME に切り替える

  1. 設定アプリを開く(スタートメニュー → 歯車アイコン)
  2. 「設定の検索」欄に「IME」と入力する
  3. 「日本語IMEの設定」をクリックする
  4. 「全般」をクリックする
  5. 互換性 → 以前のバージョンの Microsoft IME を使う をオンにする

この方法を使用すると、新 MicrosoftIME に起因するすべての不具合が改善します。

対策3 Google日本語入力を使用する

Google日本語入力を使用することでも不具合が改善します。

ゆっくりボイスの生成に時間がかかる

発生する症状

ゆっくりボイスの新規作成・セリフ→発音変換に時間がかかる

原因と対策

Windows10 2004 で Microsoft IME 以外の日本語入力ソフトを使用すると発生します。

以下のいずれかの方法で改善します。

対策1:Microsoft IME を 以前のバージョンに戻す

  1. 設定アプリを開く(スタートメニュー → 歯車アイコン)
  2. 「設定の検索」欄に「IME」と入力する
  3. 「日本語IMEの設定」を選択する
  4. 「全般」を選択する
  5. 「以前のバージョンの Microsoft IME を使う」を「オン」にする

対策2:Microsoft IME を使用する

  1. 使用する日本語入力ソフトを Microsoft IME に変更する

対策3:発音変換エンジンを変更する

  1. YMM4の設定ウィンドウを開く(ファイル(F) → 設定(S))
  2. 「発音変換」を選択する
  3. 「発音変換エンジン」で IME以外を選択する
  4. 「辞書フォルダ」を設定する
  5. 「ダウンロード」ボタンをクリックする

ゆっくりMovieMaker4 α85(v3.9.9.85)を公開しました

修正

  • アップデートが正常に完了しない場合がある問題を修正
  • タイムラインにゆっくりボイスを追加後、キャラクター側の字幕の「装飾」欄を変更してもプレビューの表示が更新されない問題を修正
  • プロジェクトファイル読み込み直後にプレビューを再生すると、現在の再生位置ではなくタイムラインの先頭から再生される問題を修正
  • CeVIO7のみをインストールしている場合、YMM4が起動できない問題を修正(CeVIOの音声を使用したい場合、CeVIO7とは別にCeVIO6をインストールする必要があります)
  • テンプレートにボイスアイテムを登録した場合、アイテム追加時に音声が生成されない問題を修正
  • シンプル立ち絵で動画を使用した場合、exo出力に失敗する場合がある問題を修正
  • UndoRedoに失敗する問題を修正
  • 特定の環境でゆっくりボイスが生成できない問題を修正
  • 拡張子がないファイルを読み込もうとするとクラッシュする問題を修正
  • 別のグループが1つにまとまってしまう事がある問題を修正
  • exo出力時、クロマキーの色情報が出力されない問題を修正
  • プレビューの安定性を向上