YMM3が超会議2018(04/28~29)に展示されます!


ニコニコ超会議2018

4月28日~29日に幕張メッセで開催される、ニコニコ超会議2018 超クリエイターズLab. はじめての動画編集体験ブースに、ゆっくりMovieMaker3が展示されることになりました。

素材・ツールが全てセッティング済みのPCで、気軽に動画編集を体験できるコーナーとなっています。

ニコニコ超会議2018にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください!

Continue reading “YMM3が超会議2018(04/28~29)に展示されます!”

【解決済み】2018年1月配信のWindowsUpdate適用後、ゆっくりMovieMaker3が起動しなくなる場合がある

解決方法

WindowsUpdateを実行し、1/19日に公開されたKB4055532の修正版を適用することで症状が改善します。
症状が改善しない場合、一度古いKB4055532をアンインストールする必要があります。

参考:Microsoftサポート

Continue reading “【解決済み】2018年1月配信のWindowsUpdate適用後、ゆっくりMovieMaker3が起動しなくなる場合がある”

動画のカット位置がずれる

FPS欄が正常に設定されているかどうかを確認する

ゆっくりMovieMaker側で動画ファイルのFPSを取得できていない可能性があります。
手動でFPSの値を入力することで、問題を解消することが出来ます。

  1. ゆっくりMovieMaker側で、問題の動画アイテムのアイテム編集ウィンドウを開く
  2. FPS欄に、使用している動画のFPSの数値を入力する
  3. タイムライン上の全ての動画アイテムに「2」と同様の作業をほどこす
  4. exo出力
  5. AviUtl上で正常な位置でカットできているかどうか確認する

上記作業を行っても問題が解決しない場合

  1. 使用したい動画ファイルをAviUtlで読み込む
  2. 「AviUtlのメニュー→編集→再生速度の情報を変更→フレームレート」で、動画のフレームレートを指定する
  3. Avi出力で可逆圧縮コーデック(UtVideoCodec等)を選択して出力する
  4. YMM側で使用している動画を上記方法で出力した動画と差し替える
  5. アイテム編集ウィンドウ→FPS欄が「2」で指定した数値になっているかどうか確認する
  6. exo出力
  7. AviUtl上で正常な位置でカットできているかどうか確認する

ボーカロイドに喋らせる

ゆっくりボイスのようななめらかな発音にはなりませんが、ボーカロイドにもセリフを喋らせる事が出来ます。
任意のVOCALOID2をインストールした状態で、フリーソフト「初音ミクのロボ声」を導入する事でミクやリン/レンと言ったキャラクター達にセリフを喋らせる事が可能です。

どんな感じに喋るのかを事前に確認したい場合はニコニコ動画やYoutubeにアップされている動画を参考にしてください。
キーワード検索:初音ミクのロボ声 – ニコニコ動画
キーワード検索:初音ミクのロボ声 – Youtube

VOICEROID+を使用する

ボイスロイドを使用する場合

AHSのVOICEROID+を使用する場合、比較的簡単にボイス・字幕の追加が可能です。


VOICEROID+でセリフを保存すると、wavファイル+同名のtxtファイルが出力されます。


出力されたwavファイルを「ここにセリフを入力」欄にドラッグ&ドロップし、「追加」ボタンをクリックするとwavファイルをゆっくりボイスとして追加できます。
この時「セリフ」欄にwavファイルと同名のtxtファイルの中身が入力されるので、wavファイルを取り込むだけで字幕を表示する事が出来ます。

カスタムボイスのパスを設定する(応用)

キャラクター編集ウィンドウから「カスタムボイスのパス」を設定することで、wav/mp3ファイルのD&D時に自動的にカスタムボイスとしてファイルを追加することができるようになります。
「結月ゆかり」の「カスタムボイスのパス」に「yukari」と設定した場合、「yukari01.wav」「yukari02.wav」等のファイルをタイムラインにD&Dする時、自動的に「結月ゆかり」のカスタムボイスとしてファイルを追加します。

アクセントを付ける

句読点をつける

「、」「,」「。」
といった句読点を使い、セリフを区切ります。
句読点のないセリフを発音すると、どうしても棒読みになってしまいますが、句読点を入れるだけでも、発音が大きく改善されます。

アクセントを付ける

発音記号を付ける事で、セリフに任意のアクセントを付ける事が可能です。
ゆっくりMovieMaker2では設定から抑揚を有効にしていないと抑揚が有効になりませんでしたが、バージョン3からは抑揚を無効にしていてもユーザーが任意にアクセントを付ける事が可能になりました。

アクセント記号「’」
テキストに「’」を付けると記号を付けた部分にアクセントが付きます。

例:
か’れし
く’らぶ

アクセント記号「;」
次のアクセント句が比較的高い音で始まります。

セリフを区切る

アクセントは1つの単語に1つまでしか付ける事が出来ません。
文章にアクセントを付ける場合には「/」や「+」の区切り記号を使って文章を単語や文節毎に区切る必要があります。

「/」:アクセントの区切りが明確な場合に使用します。
「+」:アクセントの区切りがあいまいな場合に使用します。

×コ’ンカイわこのゲームをジッキョーした’いとオモイま’す。
コ’ンカイ+わ/この+ゲーム+を/ジッキョー+した’い+と/オモイ+ま’す。

特殊な読み方をする文字を表現する

「_」無声化
記号を付けたカタカナを無声化します。
この記号が使用できるカタカナは限られているので、詳細はAquestalkの発音マニュアルをご覧下さい。
例:
ア’_クセサリー
ハードディ’_スク

「゜」ガ行鼻濁音 特殊な濁音を表現する時に使用します。
詳細はAquestalkの発音マニュアルをご覧下さい。
例:
カ゜ッコウ

動画や画像に一括してフィルターをかける

AviUtl拡張編集プラグイン0.90e4から、拡張編集プラグインでCtrlキーを押して複数のアイテムを選択した後、アイテム編集ウィンドウでCtrlキーを押しながらフィルタを適用すると選択したアイテム全てにフィルタを適用できるようになりました。
ゆっくりMovieMakerでの編集後、AviUtlで追加の編集を行う時に役立つと思うので、是非一度試してみてください。

参考:
AviUtl拡張編集0.90e4公開!新機能「フィルタ一括適用」