ゆっくりMovieMaker4 α91(v3.9.9.91)を公開しました

主な変更点

ウィンドウの分割機能を実装

追加

  • プレビュー、タイムライン、アイテム編集エリアをウィンドウ化出来るようにした
  • 前回のウィンドウ位置を記憶するようにした
  • レイヤーの上限を500まで緩和した
  • 新 Microsoft IMEを使用している環境向けに互換用の設定を追加した(設定 → 全般 → 互換性 → 新 Microsoft IME 互換モード)

修正

  • アイテムをカットすると一部のアニメーションが正常に動作しなくなる問題を修正
  • アイテム編集エリアの項目の並び順を変更
  • 「再生開始位置」の効果がないアイテムでは項目を表示しないようにした
  • キャラクターのレイヤー設定が機能しないことがある問題を修正
  • exo出力後、AviUtl上で縁取りエフェクトを掛けたテキストの「文字ごとに個別オブジェクト」を有効にすると正しい位置に文字が表示されない問題を修正
  • 特定の動画サイズとフレームレートの組み合わせで動画出力できなくなる問題を修正
  • 特定の環境でゆっくりボイスを生成できない問題を修正
  • 動画出力時、不正なパラメーターが設定されている場合は警告を表示するようにした
  • プロジェクトファイルの読み込みにかかる時間を削減した
  • タイムラインの動作を軽量化した
  • X/Yにランダム移動を指定してもランダム方向に動かない問題を修正
  • exo出力時に100レイヤーを超える場合、空白レイヤーを削除するようにした
  • その他UIを微調整
  • その他細かい不具合を修正