ゆっくりMovieMaker4 α41(v3.9.9.41)を公開しました

主な変更点

  • Exo出力後、AviUtlを起動&自動的にExoファイルを読み込むようになりました
  • 発音欄で改行を受け付けるようにしました
  • 動く立ち絵の不具合を修正しました

追加

  • 発音欄で改行できるようにした
  • Exoファイル出力後、自動的にAviUtlを起動するようにした。(拡張編集ウィンドウを開いた状態で起動した場合、自動的にExoファイルを読み込みます。)

修正

  • 単位を含む発音の生成に失敗していたのを修正
  • アイテムの再生速度を100以外に設定している場合、「アイテムの長さ調節時のスナップ」「アイテム新規作成時のアイテムの長さ」「アイテムの終端を示す破線」が正常に機能していなかったのを修正
  • AviUtl未設定の場合、AviUtl上で動く立ち絵が表示されないのを修正
  • 拡張編集プラグインを「aviutlフォルダ\Plugins」フォルダに配置している場合、AviUtl上で動く立ち絵が表示されないのを修正
  • AviUtlにscriptフォルダが存在しない場合、exo出力に失敗するのを修正
  • AviUtl上で動く立ち絵の口パクが機能していなかったのを修正