「ゆっくりMovieMaker」概要


ゆっくりMovieMakerとは、「ゆっくり実況プレイ動画」を簡単に作成することが出来る、動画編集支援ソフトです。
元となる動画を確認しながらセリフを追加出来るため、タイミングが重要な実況やナレーションを入れた動画の作成に向いています。
ゆっくりボイスを用いた動画作成の簡略化を目標に作成されており、セリフ挿入の他にも簡単な編集機能を搭載しています。

ゆっくりMovieMakerで作成したexoファイルをAviUtlで読み込み、出力することで動画が完成します。

主な機能

編集画面 直感的な音声編集
Aviutlライクな編集画面で、ボイスの位置やセリフ等を直感的に編集できます。

プレビュー機能
編集中の動画を再生し、内容を確認することが出来ます。
もちろん、編集で挿入したゆっくりボイスなどもその場で動画と合成され、動画を確認しながら音声を編集できます。

利用可能な多くの音声合成エンジン
ゆっくりボイスでおなじみの、「Aquestalk1/2」はもちろん、「SAPI5対応音声合成エンジン」(「ミサキ」「初音ミクのロボ声」「唄詠(UTAU音源)」など)に標準対応!
また、非対応の音声合成エンジンでも、wavファイルやmp3ファイルを出力する音声合成エンジン/ソフトであれば、出力したファイルをゆっくりボイスと同じように使用可能です。
>>カスタムボイス機能

豊富なキャラクター管理機能
セリフを入力するだけで、「ゆっくりボイス」「字幕」「キャラ素材(キャラクターの立ち絵)※1」「追加アイテム」を一度に追加することが可能です。
編集に必要な労力が、格段に軽減されます。
※1:キャラ素材には、nicotalk等で使用されているズーズさん製作のキャラ素材スクリプトを使用させていただいています。

注意
本ソフトウェアには動画のエンコード機能は実装されていません。
ファイル→出力より、Aviutl互換形式でファイルを出力するので、生成された.exoファイルをAviutl拡張編集画面にD&Dし、読み込んでください。
そのままAviutlで出力を行えば動画を作成することが出来ます。
※AviUtl及び拡張編集プラグインは常に最新の物を使用してください。古いバージョンでは正常にファイルが読み込めない場合があります。

動作環境

  • Windows XP以上
  • .NET Framework 4 以上
  • DirectX9.0以上
  • PixelShader2.0/3.0

ダウンロード

不具合を発見した場合、作者に連絡をお願いします。
Readmeは必ずお読みください。
また、自己責任での使用に承諾していただいた場合のみ、本ソフトをご使用ください。

本ソフトを使用して実況動画を作成し、ニコニコ動画で動画を公開する場合、動画の親作品にsm20953272の登録をお願いします。 >>登録方法

更新履歴 >>詳細

■2014/07/31 v3.4.7.1
	■不具合の修正
	・設定ウィンドウを閉じる際にエラーが発生していたのを修正。

■2014/07/31 v3.4.7.0
	■不具合の修正
	・設定→デフォルト設定→キャラクター→キャラ素材→素材名 が設定されている時、ゆっくりMovieMaker起動時にエラーメッセージが表示されていたのを修正。
	・一部無声化できていない組み合わせがあったのを修正。
	・唄詠が正常に使用できなくなっていたのを修正。
	・v3.4.6.3で変更したフォントの列挙処理を元に戻した。
	・字幕の「縁取り」「縁取り(細)」が実際よりも少し細く表示されていたのを修正。
	■機能の追加/変更
	・ゆっくりボイス追加時、キャラ素材ベースアイテムを自動的に追加するようにした。(※「素材名」が設定されいて、キャラ素材専用タイムラインにベースアイテムが一つも追加されていない場合のみ)
		設定→タイムライン→ゆっくりボイス追加時、自動的にキャラ素材ベースアイテムを追加する から無効に出来ます。
	・Unidicを使用した際の発音を若干変更。
		・ざんね'ん+な/こと'+に
		→ざんね'ん+な/こと'に
		・き'+た。
		→き'た。
		等
	・字幕に「拡大率自動調整」「余白」の設定項目を追加した。
	  字幕が画面外にはみ出した際、自動的に拡大率を縮小できるようになった。

■2014/07/16 v3.4.6.3
	■不具合の修正
	・AviUtlで使用できないフォントが一覧に追加されていた不具合を修正。
	・特定環境でフォントのリストアップに失敗し、ゆっくりMovieMakerが起動できなくなる不具合を修正。
	■機能の追加/変更
	・「errorLog.txt」にエラー発生日時の情報を付与するようにした。

■2014/07/16 v3.4.6.2 test
	・限定配布版

■2014/07/12 v3.4.6.1
	■不具合の修正
	・「しゅ」「ちゅ」の無声化が正常に行えていなかった不具合を修正。
	・一部表示に問題の発生するフォントがあったため、日本語非対応のフォントを既定のフォント描画するように再修正(一時的)
	■機能の追加/変更
	・クラッシュ時に「errorLog.txt」を出力するようにした。

■2014/07/11 v3.4.6.0
	■不具合の修正
	・一部フォントが正常な位置に表示できなくなるため、「行間」プロパティをプレビュー非対応にした。
	・カスタムボイスのパスが空白になっている場合、カスタムボイスのキャラクター判定が正常に行えていなかった不具合を修正。
	・複数アイテムを選択してスナップした際、アイテムを0秒未満の位置に配置できていた不具合を修正。
	・キャラ素材ベースアイテムの「跳ね高さ」を「0」に設定すると、exo出力できなくなる不具合を修正。
	・exo出力時、プロファイルのFPSの小数点以下の数値が無視されていた不具合を修正。
	・日本語を表示できないフォントを使用した際、既定のフォントでテキストが描画されていた不具合を修正。日本語非対応フォントを使用した際の表示がAviUtlと同等になった。
	■機能の追加/変更
	・ゆっくりボイス
		・unidicを使用した際の抑揚の付け方を若干変更。
		・無声化に対応(設定→全般→無声化を有効にする から切り替え可能。「あくせさりー」「〜です。」等の単語が「あ_クせさりー」「〜で_ス。」等に置き換わり、発音が滑らかになります。)
			・このオプションをオフにした場合でもaquestalk側である程度自動的に無声化されますが、このオプションを有効にするとより多くの範囲を無声化するようになります。
	・編集
		・字幕の装飾に「ソフトシャドー(濃)」を追加
		・字幕の装飾「ソフトシャドー」「ソフトシャドー(薄)」の輪郭がはっきりするように修正(仕様変更)。
	・キャラ素材
		・設定→キャラ素材→拡張アニメーション→インポート から、拡張アニメーションのインポートが出来るようになった。
			・デフォルトではファイル名に「exAnimation」を含むxmlファイルのみ(例:「ゆっくりMovieMaker用exAnimation.xml」 「exAnimation(ゆっくりMovieMaker用).xml」 等)
			・その他の名前のxmlファイルを読み込む場合は、ファイル名入力欄右のドロップダウンリストから「XMLファイル(*.xml)」を選択
			・インポートしようとしているアニメーションが既にゆっくりMovieMaker側に設定されている場合、そのアニメーションのインポートはスキップされます。(上書きされません)
		・ゆっくりMovieMakerからキャラ素材をインストールした際、素材ディレクトリ直下に「exAnimation」をファイル名に含むxmlファイルが存在する場合、拡張アニメーションを自動的にインポートするようにした。
	・UI/操作系
		・フォント一覧で日本語対応フォントを強調表示するようにした。
		・フォント選択欄の右に「日本語対応フォントをソート」ボタンを追加した。
		・ゆっくりボイスの「発音」テキストボックスにスクロールバーを追加。マウスホイールで表示位置をスクロールできるようにした。
		・Ctrl+Rで、すべてのウィンドウ位置をリセットできるようにした。
		・タイムラインウィンドウ左上のタイムラインの拡大率を設定するスライダーの上でマウスホイールを回転させることで、拡大率を変更できるようにした。
		・タイムラインの拡大率「0.1」付近の値の変化を緩やかにした
		・プレビューエリアでアイテムの位置/角度を変更する際、マウスをプレビューエリア外に移動させた場合も位置/角度の変更を継続できるようにした。
	・通知/警告
		・キャラ素材スクリプトの出力に失敗した際に、エラーメッセージを表示するようにした。
		・exo出力時、キャラクターの「素材名」が空白の場合、キャラ素材関連アイテムを出力しないようにした。
		・exo出力時、動画のFPSを取得できていない動画アイテムがあった場合、警告を表示するようにした。
		・今までキャッチできなかった範囲の例外もキャッチできるようになった
		・起動時のファイルチェックに引っかかった場合、足りないファイルのパスをダイアログで表示するようにした。
	・ドキュメント
		・転送量削減のため、ヘルプファイルを同梱しないようにした。
			今後はオンラインヘルプをご利用ください。
			オフライン版が必要な場合は別途
			http://manjubox.net/dl.php?q=YMM3_Help.chm
			からファイルをダウンロードしてください。
		・Readme.txtを更新
			ヘルプファイルに任せっぱなしだったゆっくりMovieMakerの使い方等の解説を簡単に記載。

■2014/05/** v3.4.5.4 test版
■2014/05/** v3.4.5.3 test版
	・限定配布版

■2014/05/26 v3.4.5.2
	■不具合の修正
	・キャラ素材のインストール時、「口」パーツの旧素材判定が正常に行えていなかった不具合を修正。

■2014/05/25 v3.4.5.1
	■不具合の修正
	・Win8以外の環境でタイムラインウィンドウを開くとゆっくりMovieMakerがクラッシュする不具合を修正。

■2014/05/25 v3.4.5.0
	■不具合の修正
	・アップデート確認用のファイルが正常に生成されていなかった問題を修正。
	・「IME再変換」を使用している場合、「抑揚を有効にする」のチェックが外れている場合にも抑揚文字が付与されていた問題を修正。
	・「IME再変換」を使用時、一部セリフの変換した際にゆっくりMovieMakerがクラッシュしていた問題を修正。
	・「IME再変換」で100文字以上のセリフを正常に変換できなかった不具合を修正。
	・セリフ中に半角スペースが入っている場合、正常にゆっくりボイスが出力できなくなっていた不具合を修正。
	・SAPI5の「速度」が反映されていなかった不具合を修正。
	・音楽アイテムの長さの取得が不安定だったのを修正。
	・一部環境で右クリックメニューから「アイテムの追加」「分割」「空白の追加」した際、処理位置がずれてしまっていた不具合を修正。
	■機能の追加/変更
	・メニュー関連
		・いくつかのオプションをタイムラインの右クリックメニューから変更できるようにした。
		・「ファイル(F)」メニューに「最近使ったファイル(F)」「最近使ったプロジェクト(P)」「バックアップから復元(B)」「キャラクターの設定(C)」を追加。
		・メニューの一部にアイコンを表示するようにした。
		・ヘルプ(H)→各種ディレクトリ(D)に、「バックアップフォルダ(B)」「キャラ素材フォルダ(C)」を追加。
	・キャラ素材関連
		・設定→キャラ素材→全般→素材をインストールする に キャラ素材のzipファイルをD&Dすると、素材を自動的にインストールできるようになった。
			・インストール完了後、zip中に含まれている「txt」「html」「htm」「pdf」ファイルをReadmeファイル候補として表示します。
		・キャラクター編集→キャラ素材→全般→素材名右の「▼」ボタンから、キャラ素材を一覧から選択できるようにした。
		・キャラクターの「キャラ素材名」が入力されていない場合、ゆっくりボイス編集時、キャラ素材関連の項目を表示しないようにした。
	・アイテム関連
		・画像/動画アイテムで「反転」を設定できるようになった。
		・字幕アイテムで「字間」「行間」「高精度モード」「滑らかにする」「等間隔モード」を設定できるようになった。(プレビュー対応は「行間」のみ。また、行間をマイナスに設定した際の挙動がAviUtlのものと異なっています。→ ※後のアップデートでプレビュー非対応になりました。)
		・字幕アイテムの「装飾」に「ソフトシャドー」「ソフトシャドー(薄)」を追加。
	・バックアップ関連
		・異常終了を検知した場合、バックアップからプロジェクトを復元出来るようにした。
		・バックアップ時、設定ダイアログ終了時等、いくつかのタイミングでゆっくりMovieMakerの設定を保存するようにした。
		・重複した内容のバックアップファイルを作成しないようにした。(バックアップファイル作成後にプロジェクトが変更されていない場合、新たなバックアップファイルを作成しないようにした。)
	・その他
		・タイムラインウィンドウのタイトルに表示する情報を変更。
			・現在のプロジェクトファイルの名前を常に表示するようにした。
			・現在のExoファイルの名前を表示するようにした。
			・Exoファイルが出力されているかどうかの表示(Exoファイル名の右側に「*」)を表示するようにした。
			・項目の表示順を変更。
		・ゆっくりボイスの音量・パンを変更した場合、数値が再生中のプレビューにも反映されるようになった。


■2014/04/17 v3.4.4.1
	■不具合の修正
	・動画を再生/一時停止/シークに極端に時間がかかるようになっていたのを修正。

■2014/04/16 v3.4.4.0
	■不具合の修正
	・タイムラインに直接ファイルをD&Dしてカスタムボイスを追加した際、アイテムに「セリフの間」が反映されていなかった不具合を修正。
	・プロジェクトをまたいでアイテムをペーストできなくなっていた問題を修正。
	・「発音」の先頭にスペースが存在していた場合、ゆっくりボイスが出力できなかった不具合を修正。
	・ATOKを使用して字幕のテキスト・ゆっくりボイスのセリフを入力した際、特定動作を行うとゆっくりMovieMakerがクラッシュしていたのを修正。
		・複数報告されているこちらの環境で再現できない不具合、ゆっくりボイスの「セリフ」・字幕の「テキスト」を編集中にゆっくりMovieMakerがクラッシュする症状が解消することを期待。
		・MS-IME2012(15.0.9600.16384)/Google日本語入力(1.13.1641.0)/ATOK2014試用版(27.0.2)
	・exo出力関連
		・exo出力時、Layer80以降に配置されるアイテムが正常に出力できていなかった不具合を修正。
		・1動画で使用するキャラクター数が多いとすぐLayer数100をオーバーしてしまう問題を修正。
・
・
・

これより以前の更新履歴はChangeLog.txt参照。
	

キャラ素材について

ゆっくりMovieMakerでは、セリフに合わせて自動的に口パク・瞬きを行う立ち絵「キャラ素材」を利用可能です。
キャラ素材を利用する場合、事前に素材のダウンロードや初期設定を行う必要があります。

キャラ素材には、nicotalk等で使用されているズーズさん製作のキャラ素材スクリプトを使用させていただいています。
この場を借りてお礼申し上げます。

対応音声合成エンジン

AquesTalk / AquesTalk2 - 開発元
ゆっくり実況プレイ動画でお馴染みの、スタンダードなゆっくりボイスです。

Misaki(SAPI) - 開発元 / 参考(ニコニコ大百科)
落ち着いた声が特徴の女性ボイスです。

初音ミクのロボ声(SAPI) - 配布先
Vocaloid(2) VSTiとMeCabを使った、Vocaloid用TTSエンジンです。
(別途初音ミクの購入が必要。)

唄詠(SAPI) - 配布先 / UTAU音源ライブラリ一覧(ニコニコ大百科)
好みのUTAU音源を選択して喋らせることが出来る、UTAU音源用のTTSエンジンです。

その他、SAPI対応音声合成エンジン
その他、SAPIに対応している音声合成エンジンを使用可能です。

カスタムボイス機能に関して
ゆっくりMovieMakerの「カスタムボイス」機能を使用することで、上記一覧に載っていない音声合成エンジンで出力した音声ファイルも、ゆっくりボイスとして使用することが可能です。
>>カスタムボイス機能

スクリーンショット

メインウィンドウ兼プレビューウィンドウ 編集画面 キャラクター編集画面 ボイス編集画面

関連動画

メディア等掲載履歴

ASCII.jp:ニコニコ動画の技術革新は「ニコニコ技術部」から始まる |myrmecoleonの「グラフで見るニコニコ動画」(2014/01/30)
http://ascii.jp/elem/000/000/861/861165/

ASCII.jp:動画数16万超の「ゆっくり実況プレイ」はホラーと相性◎ |myrmecoleonの「グラフで見るニコニコ動画」(2013/12/05)
http://ascii.jp/elem/000/000/847/847026/

ニコニコ技術部系ランキング -2011年下半期- (2012/04/29)
第3位にランクインしました!


「ゆっくり実況」を誰でも簡単に作れるツール「ゆっくりMovieMaker」で、ヒビコレちゃんにおしゃべりさせてみた - ITMedia ガジェット (2011/12/18)
http://gadget.itmedia.co.jp/gg/articles/1112/18/news009.html

AviUtlのお部屋
http://spring-fragrance.mints.ne.jp/aviutl/

vocatalk&yukktalk配布所
http://vocatalk.web.fc2.com/yukktalk.html

キャラ素材配布ページ - vocatalk&yukktalk配布所
http://vocatalk.web.fc2.com/charasozai.html

VIPで初心者がゲーム実況するには@ Wiki - ゆっくりMovieMaker
http://www18.atwiki.jp/live2ch/pages/339.html

唄詠 [翔星ワールド|ソフトスタンド]
http://www2u.biglobe.ne.jp/~shinta/soft/UtaYomi_JPN.html