出力したexoファイルをAviUtlで読み込む


出力が完了した後、AviUtlを起動します。
拡張編集ウィンドウが表示されていない場合、AviUtlメインウィンドウ → 設定 → 拡張編集の設定 をクリックし、拡張編集ウィンドウを表示させます。
このとき、「拡張編集の設定」が見当たらない場合、正常に拡張編集プラグインが導入されていません。
AviUtl/拡張編集プラグインのダウンロード」ページを参考にし、再度導入を行ってください。


拡張編集ウィンドウが表示された後、タイムライン上で右クリック → オブジェクトファイルから新規作成 をクリックし、出力したexoファイルを選択してください。

これで、AviUtl上に、作成した動画を読み込むことが出来ました。
この後、任意に追加の編集を行うことが出来ます。

また、このときトラブルが発生した場合、以下のページ後参考に問題を解決してください。
exoファイルが読み込めない
exoファイルが正常に読み込めない
動画アイテムが正常に読み込めない
mp3ファイルが読み込めない
画面サイズが、ゆっくりMovieMaker側で指定した物と異なっている。
キャラ素材が表示されない
画像が見切れる