立ち絵を一時的に非表示にしたい

ゆっくりMovieMaker側で設定/編集を行う方法と、AviUtlに出力後、追加の編集を行う方法があります。

方法1[YMM側]:キャラクター設定を変更し、セリフを喋っている時のみキャラ素材を表示する。

キャラクター編集ウィンドウ→キャラ素材2→セリフ無し表示のチェックを外します。
これによって、セリフを喋っていない間、キャラ素材を非表示にすることが可能になります。

方法2[YMM側]:表情アイテムの「全」を、最大値に設定する

キャラ素材を非表示にしたい部分にキャラ素材表情アイテムを追加し、「全」の数値を最大値に設定します。

方法3[AviUtl側]:中間点を追加し、その期間の透明度を0にする


(クリックで拡大)
上の画像で示した期間を非表示にしたい場合、「ゆっくり霊夢」と表示されているベースオブジェクトを右クリックし、


(クリックで拡大)
中間点を追加し、


(クリックで拡大)
非表示にしたい期間を切り出してください。


(クリックで拡大)
アイテムをダブルクリックし、編集ウィンドウを表示させた後、
1.非表示にしたい期間をクリック
2.「透明度」ボタンをクリック
3.「透明度」ボタン左側のスライダーを操作し、透明度を「100」に設定する
以上で、指定期間の立ち絵を非表示にすることが出来ます。

方法4[AviUtl側]:非表示にしたい期間の、「表情」「ベース」オブジェクトを削除する


(クリックで拡大)
上の画像で示した期間を非表示にしたい場合、「ゆっくり霊夢」と表示されているベースオブジェクトを右クリックし、


(クリックで拡大)
分割し、

(クリックで拡大)
非表示にしたい期間を切り出してください。


(クリックで拡大)
その後、切り出したアイテムを削除すると、立ち絵の非表示が完了します。
※削除した期間内に「表情」オブジェクトがある場合、そちらも全て削除してください。