画面サイズが、ゆっくりMovieMaker側で指定した物と異なっている。

AviUtl側で、プロファイルを設定していることが原因です。
AviUtlのメインウィンドウ上部メニューより、プロファイル→プロファイルの編集→現在のプロファイルを初期値に戻す を選択することで、画面サイズが正常な物に戻ります。