全般

アイテム編集ウィンドウページ参照

字幕

字幕に関する設定です。

テキスト

表示するテキストを設定します。
Enterキーを押すと、字幕の改行が可能です。
改行すると、テキストボックスが複数行に拡大されますが、欄外をクリックする事で元の大きさに戻ります。

フォント

表示するテキストのフォントを設定します。

サイズ

表示するテキストのサイズを設定します。

装飾

表示するテキストの装飾を設定します。

標準文字
影付き文字
影付き文字(薄)
縁取り文字
縁取り文字(薄)

が設定可能です。

描画基準

テキストを描画する位置の基準位置を指定します。


(画像:左寄せ[上]の場合)
X/Yで指定された基準点に対し、どのようにテキストを描画するのかを指定します。

左寄せ:テキストの左端に基準点が来るように描画します。
中央寄せ:テキスト中央に基準点が来るように描画します。
右寄せ:テキストの右端に基準点が来るように描画します。

[上]:テキスト上部に基準点が来るように描画します。
[中]:テキスト中部に基準点が来るように描画します。
[下]:テキスト下部に基準点が来るように描画します。

縦書き:テキストを縦書きにします。
プレビューが不完全で、プレビューでは通常のテキストを90°回転させた表示になっていますが、実際には縦書き表示となります。

文字色

表示するテキストの色を設定します。
左側の、選択された色で塗りつぶされたエリアをクリックで、カラーダイアログ。
右側のアイコンをクリックで、色選択パレットが表示されます。

影・縁色

表示するテキストの装飾色を設定します。
装飾が「通常文字」に設定されている場合、色を指定しても意味はありません。
左側の、選択された色で塗りつぶされたエリアをクリックで、カラーダイアログ。
右側のアイコンをクリックで、色選択パレットが表示されます。

X/Y

テキストを表示する位置を設定します。

太字/イタリック

チェックを入れると、テキストに「太字」「イタリック」効果を付与できます。

プリセット

テキストを表示したい位置を選択すると、

X/Y
描画基準

を、自動的に設定します。

デフォルトに設定

現在の設定を、字幕のデフォルト設定にします。
新しく字幕を追加する際、

フォント
サイズ
装飾
描画基準
文字色
影・縁色
X/Y
太字
イタリック

が、あらかじめ指定した物に設定されます。

また、現在のデフォルト設定は、設定ウィンドウから確認/設定が可能です。