全般

アイテム編集ウィンドウページ参照

ボイス

ゆっくりボイスに関する設定です。

キャラクター

セリフを喋るキャラクターを設定します。
キャラクターを追加したい場合、キャラクター設定ウィンドウから追加します。

セリフ

キャラクターに喋らせたいセリフを入力します。
セリフを入力後、Enterキーを押すと、セリフの読みが「発音」テキストボックスに入力されます。
このとき、実際に読まれる文章は「発音」テキストボックスの文章だという点に注意してください。
「セリフ」テキストボックスの内容は、タイムライン上の表示や、自動生成される字幕用の表示に使用されます。
このことを利用して、字幕では「拳銃」と表示しているが、実際は「チャカ」と発音させる。と言ったことも可能です。


また、表示される字幕を改行したい場合、Shiftキーを押しながらEnterキーを押すことで、字幕の改行が可能です。

発音

文章の実際の発音を設定します。
このとき、セリフにどのような文章を書いたかにかかわらず、発音に書いた文章がそのまま読まれる事に注意してください。
発音の入力後、Enterキーを押すと、入力した内容はカタカナ/ひらがな/発音記号のみの文章に変換され、実際の音声がプレビューされます。

設定ウィンドウで、「抑揚を有効にする」にチェックが入っている場合、テキストに「発音記号」が挿入されます。
変換後、手動で発音記号やセリフを変更する際、発音の内容に「ひらがな/カタカナ」「発音記号」以外の文字を含めた文章を入力すると、発音が再変換されるという点に注意してください。

(悪い例)
おはようございます。今日は良い天気ですね。

オハヨウ/ゴザイ/マス/。/キョウ+ワ/ヨイ/テンキ/デス+ネ/。
手動で内容を変換する
オハヨウ/ゴザイ/マス/。/キョウ+ワ/イ/テンキ/デス+ネ/。
Enterキーを押してプレビューすると、内容が再変換される。
オハヨウゴザイマス/。/キョウワイイテンキデスネ/。

この場合、内容が「カタカナ」のみで統一されて居らず、ひらがな・カタカナの混じった文章になっていることが原因で、内容が再変換され、発音記号の位置が変更されています。
オハヨウ/ゴザイ/マス/。/キョウ+ワ/イ/テンキ/デス+ネ/。
と入力すると、再変換されません。

スピード/音程/音量/パン

テキスト読み上げに関する各種設定を、アイテム個別に設定できます。
個別の設定を行う場合、変更したい設定のチェックボックスにチェックを入れてから数値を変更します。
チェックボックスにチェックが入っている時のみ個別に設定が変更され、チェックの入っていない物はキャラクターのデフォルト設定が使用されます。

字幕

セリフに字幕を表示するかどうかの設定です。

キャラクターの設定に従う:キャラクター側の字幕の表示設定に従います。
常に表示:キャラクター側で、字幕を非表示にする設定になっていても、常に字幕を表示します。
常に非表示:キャラクター側で、字幕を表示する設定になっていても、字幕を表示しません。

エコー


ボイスに残響効果を与えます。
効果を有効にする場合、「有効にする」にチェックを入れます。

残響時間

残響効果が何秒間続くかを設定します。

残響間隔

何秒ごとに元の音声が跳ね返ってくるかを設定します。

減衰

音声が跳ね返ってくる時の減衰率(%)を設定します。

プリセット

あらかじめ、「エコー」と「やまびこ」の設定が保存してあります。

キャラ素材


キャラ素材を表示する設定になっている時のみ表示されます。
キャラ素材の保存してあるパスは設定ウィンドウ。実際の素材名の指定などはキャラクター設定ウィンドウで行います。

主に顔色等を指定します。

眉を指定します。

目を指定します。一部のパーツには、アニメーション効果が付与されます。

口を指定します。一部のパーツには、アニメーション効果が付与されます。

体を指定します。

その他のパーツを指定します。

あらかじめ用意された表情設定を表示します。
ここの数値を1以上にしている場合、全・マーク以外のパーツは表示されません。

マーク

?マーク!マーク等、記号を表示します。
※キャラ素材の保存してあるフォルダに「小道具」フォルダを作成、その中に「マーク」フォルダを作成し、マークパーツを配置する必要があります。

マークX

マークの表示位置(X軸)を設定します。

マークY

マークの表示位置(Y軸)を設定します。

跳ね高さ

アイテムの表示されている間、設定した数値(px)の高さで跳ね続けます。
※跳ね高さの数値を大きくすると、一回の跳ねモーションに必要な秒数が大きくなります。
  一回の跳ねモーションにかかる秒数>アイテムの表示秒数になると、跳ねモーションが行われません。
  この場合、「跳ね速度」の数値を大きくすると、問題が解決します。

跳ね速度

跳ねるスピードを設定します。

跳ね間隔

跳ね終わった後、ココで指定した秒数後、再度跳ねモーションを行います。
ただし、跳ねモーション中にアイテムが終了する場合、跳ねモーションは行われません。

クッション度

クッション度を1以上に設定すると、ジャンプ後に立ち絵がクッションのようにひしゃげます。

震え幅

アイテムの表示されている間、設定した数値(px)の範囲で震え続けます。

登退時間

登退アニメーション前後のアニメーションにかける時間を設定します。

反転

キャラ素材を反転させます。

マーク反転

マークを反転させます。

キャラ素材プレビューエリア

キャラクターが表示されない場合、正常に設定が行われていない可能性があります。
設定ウィンドウから「キャラ素材の保存してあるディレクトリ」、キャラクター設定ウィンドウ
から「キャラ素材名」が正しく設定されているかどうか、確認を行ってください。

矢印アイコンアニメーションのプレビューが確認できます。
スライダーを動かすか、矢印アイコンをクリックするとアニメーションが確認できます。
虫眼鏡アイコン:キャラ素材をズームイン・ズームアウト出来ます。

[隠す]/[表示]

「表情」「眉」「目」「口」「体」「他」「全」「マーク」の上にカーソルを乗せると表示されます。
[隠す]をクリックすると、項目が表示されなくなり、代わりに項目下部に「▼」メニューが現れ、その中に収納されます。
表示を元に戻したい場合は、「▼」メニューを押し、表示したい項目の[表示]をクリックします。