キャラ素材が表示されない

ゆっくりMovieMakerでキャラ素材が表示されない場合

ゆっくりMovieMaker側の設定を見直す

キャラ素材をゆっくりMovieMakerで使用するために、キャラ素材を保存しているフォルダ等をゆっくりMovieMakerに設定する必要があります。
詳しい設定方法に関しては「キャラ素材を使用する準備をする」をご覧ください。

キャラ素材専用タイムラインにベースアイテムを追加する

ゆっくりMovieMaker3ではソフト側の設定とは別に、キャラ素材専用タイムラインにベースアイテムを追加する必要があります。
この「キャラ素材ベースアイテム」を使用することで、自由なタイミングでキャラ素材の表示/非表示を切り替えたり、サイズや表示位置等を変更することができます。
キャラ素材ベースアイテムの追加方法に関しては「キャラ素材を表示する」をご覧ください。

キャラ素材の設定を確認する

キャラ素材の描画に関する設定の影響で、キャラ素材が表示されていない可能性があります。

  • 描画位置「X」「Y」が、画面外に設定されていないかどうか
  • 不透明度が「0」に設定されていないかどうか
  • 拡大率が「0」に設定されていないかどうか
  • 浮遊度の値が大きく、画面からはみ出ていないかどうか

を確認して下さい。

AviUtlでキャラ素材が表示されない場合

ゆっくりMovieMaker側の設定を見直す

画面に「●」「○」や、キャラクターの名前が表示される場合、ゆっくりMovieMaker側の設定に問題があります。
ゆっくりMovieMakerを起動し、設定→キャラ素材→全般タブを選択し、

  • aviutl.exeの項目に、aviutl.exeのパスが正常に設定されているかどうか
  • キャラ素材フォルダの項目が、正常に設定されているかどうか
  • @キャラ素材.anmが存在する場合は上書きしない の項目のチェックが外れているかどうか(チェックしている場合は外す)

を確認してください。

AviUtlの「最大画像サイズ」を大きくする

画面に点線で丸が描画されるが、キャラ素材が表示されない場合、AviUtlの「最大画像サイズ」が小さすぎることが原因の可能性があります。
AviUtlを起動し、メインウィンドウ上部メニューより、「ファイル→環境設定→システムの設定」をクリックし、「最大画像サイズ」の数値を大きくしてください。
デフォルトでは「1280x720」に設定してありますが、この数値では画像の縦幅が足りない場合が多いです。
ここの数値を「1280x1280」や「2000x2000」「3000x3000」といった数値に変更してください。
また、この数値を変更後、必ずAviUtlを再起動してください。
指定した数値が大きすぎる場合、AviUtl再起動時に「メモリの確保に失敗しました」とエラーが表示されます。別の数値をサイド指定しなおしてください。

キャラ素材のサイズを確認する

画像サイズが「800x800」以上の大きさのキャラ素材は正常に表示されません。
800x800より大きな画像を使用している場合、画像を縮小してみてください。

シークバーを動かしてみる

プロジェクトロード直後はキャラ素材が表示されないことがあります。
キャラ素材の設定に問題がない場合、シークバーを動かしてプレビューを更新するとキャラ素材が表示されます。

ゆっくりボイスを追加してみる

セリフを持たないキャラクターのキャラ素材は表示されません。
タイムラインに何かしらのセリフor表情アイテムを追加してください。

キャラ素材/AviUtlのフォルダ位置を変更する

「C:\Program Files」「C:\Windows」「C:\ProgramData」等のフォルダにキャラ素材フォルダ/AviUtlを配置すると、キャラ素材が表示されません。
上記以外の場所にフォルダを移動し、再度ゆっくりMovieMaker側にパスを設定し、exo出力して下さい。